March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

話題の厚底シューズの秘密

JUGEMテーマ:NIKE

 

マラソンや駅伝で前代未聞の記録が次々と出ている要因の一つとして挙げらているのが、NIKEから発売されている「ズームXヴェイパーフライネクスト%

履いた人は違いをはっきりと認識できるほど今までのシューズと違うと言われています。

発売されてから記録が連発することから、世界陸上連盟が使用を禁止するのではとワイドショーに取り上げられたほどです。

結局世界陸連は使用許可を出しました。今後は靴底の規制や事前認定制を導入する方向性でいくようです。

あれだけメディアに取り上げられ、結局使用OKとなり、一番うまくやったのはNIKEですね。

そのNIKEから本日、新たに新型のシューズ「エアズームアルファフライネクスト%」が発売されました。靴底の厚さも規定値内で東京オリンピックでも使用可能だということです。

 

話題の「ズームXヴェイパーフライネクスト%」(以下、『厚底シューズ』にします)の秘密は何でしょう。

 

厚底シューズは、履けば格段に速くなるわけではありません。トップスピードが速いランナーほど反発力が推進力に変わり、楽に走ることができます。遅いとあまり効果はあらわれません。

ただ、このシューズはランナーのレベルを問わず自然と脚が前に進む感覚になります。あまり地面を蹴らなくても走ってしまうのです。だから、序盤に余計な体力を使わずにすみ、後半の落ち込みを防ぐことができます。

結果として後半スピードが落ちないので記録が出るというわけです。

 

厚底シューズは、体幹がブレてくると推進力が出なくなります。トップ選手は順位やタイムを出すため、またその性能を十分発揮させるため、想像を絶するトレーニングをしてあの記録が出したことを忘れてはいけません。

comments

   
pagetop